「グローバル生産管理本部」ってこんな仕事!

クールな航海士

関わるすべての人たちを、試作品完成という目的地へ導く。

納期までに製品ができるようスケジュール管理をするのが、生産管理の仕事。中でも私が担当するのは、生産準備期間のスケジュール管理です。まずはその製品をどの工場や協力会社でつくるかを、設計や調達、生産技術、原価企画などの部署から情報を収集し、コストや経験、納入先までの距離、得意分野などから部署内で総合判断して決定します。その後、お客様の要求納期から逆算し、各部の意見も取り入れながら設計図の完成や部品の加工、組立、検査、梱包などのスケジュールを作成して、関係部署に徹底します。いくらスケジュールが厳しくても、プロジェクトを期日までに成功させるのが関係者全員のミッション。お願いするというより、冷静に合意を取りながら伝えます。

動いている「船」はつねに十数隻。航海に終わりはない。

国内と海外、両方の案件を担当しているので、夜遅くに問い合わせの電話に出ることもあれば、金型が割れるなどの急なトラブルで予定を組み直すことも。その場合はお客様との納期調整も自分で行います。苦労するのは、当社が自動車メーカーの二次下請けとして携わる海外の案件。自動車メーカーと、一次下請けの会社、それにシロキの日米拠点など、関係者が多い上に言葉の壁もあるので、連携が難しいですね。プロジェクトは15~20ほどが同時進行していて、1つが終わってもまた新しいものがスタートするといった感じです。ストレスもあるけれど、希望通り英語を使える仕事ですし、職場はフランクな雰囲気だから困った時は相談しあえるので助かっています。思い悩むことがあっても、休日にアクションやコメディの映画鑑賞でリセットして、月曜にはまた冷静に日常へと戻ります。

「グローバル生産管理本部」の1日の流れ

  • 7:00~8:30

    今日は仕事の都合で
    早めの出社!

    7:30から北米拠点との電話会議がスタート。ちなみに現地への出張も過去3回経験。

  • 8:30~12:00

    パソコンに向かって
    メールをチェック!

    電話会議の議事録を作成して関係者に展開。その後別の製品の日程調整会議にでます。お昼は同僚と社員食堂でランチ。

  • 13:00~18:00

    お客様との打合せのため
    会社を出発!

    社員食堂で同僚達とランチ。
    14:00からお客様先にて、日程調整の打合せ。 帰社後はメールをチェックし、担当案件の困りごとを部長に相談。18:00に終業。帰宅後は毎日、愛犬の散歩で癒されます。

  • 7:00~
    出社
  • 8:30~
    午前の作業
  • 13:00~
    午後の作業

INTERVIEWEE

グローバル生産管理本部
生産企画部/生産企画室

近田 晴樹
HARUKI KONDA/ 2013年入社/
名古屋外国語大学
外国語学部 英米語学科 卒業