• 会社概要
  • 経営理念・方針
  • 「シロキビジョン2021」および「ローリングプラン(2012~2016)」
  • 沿革
  • グループ概要
  • 環境の世紀

経営理念・方針

取締役社長 松井拓夫

お客様からの信頼を進化させ次なる成長を

 現在、私たちは、温暖化をはじめとする環境問題や資源・エネルギー問題など、地球規模での問題に直面すると同時に、経済・産業界においては、現地で生産し、現地で販売する経済の本格的なグローバル化が進んでおります。新しい時代のグローバルカンパニーを目指すシロキは、このグローバル化が進む中で、たゆまなく持続的な成長を遂げていくために様々な取り組みを加速させております。

 広く世界に視野を広げ、お客様の多様なニーズに応え、時代を先取りした製品をお届けする。それは「品質」を追求し、核とする「技術」を磨き、「コストパフォーマンス」を高めるとともに、「夢のある製品」を生み出していくこと。シロキは、モノづくり日本の一員としてモノづくり力を高め、その基盤を揺るぎないものとして海外に展開してまいります。そして、真のグローバルカンパニーとして現地とのコミュニケーションを深め、信頼を高めることによって、現地化を推進してまいります。

 大きく時代が変化し、真のグローバル社会の到来をチャンスと捉え、強みを伸ばし、変化に適確に対応し、お客様、社会から変わらぬ信頼を得、この信頼を進化させることによって、次なる成長を目指してまいります。

経営理念

精神.....確かな品質 誇れる技術

使命.....魅力ある製品を創出し社会に貢献する

経営方針

  • 1. 時代を先取した研究と開発に努め、物づくりの知恵と技術でお客様に満足を提供する
  • 2. たゆみない変革で信頼されるグローバル企業をめざす
  • 3. 社員一人ひとりを大切にし、社員が誇りを持てる会社づくりを進める
  • 4. コンプライアンスを重視し、社会の一員としての責任を果たす

ページトップに戻る