TQM

TQMの取り組み

アイシングループの経営理念『品質至上』のもと、シロキ工業はTQM(Total Quality Management)活動を推進しています。人と組織の活力向上と仕事の質向上を目指し、マネジメント力の強化、業務改革活動の推進、人材育成や組織風土の醸成など、全員参加で、一つひとつ着実に実行し、新生シロキビジョンの実現を目指します。

TQM

職場マネジメント研修

全部門の管理職を対象に、「将来にわたって、優れた成果を出し続ける」元気な職場づくりに向けてマネジメントに対する課題認識と今後の改善まで、参加メンバーと共有しながら学びます。

職場マネジメント研修

業務改革活動

徹底したやめる活動によるムダの排除と、業務の困りごとの抽出・改善活動を実施します。
全員参加で職場を活性化し、継続的な活動を行っています。

業務改革活動

SQC活動

各職場の課題について、専門家を交えたSQC研究会により解決に向けて推進します。併せて社員に対するSQC手法教育を進め、SQCを活用できる人財の育成を進めています。
※Statistical Quality Control = 統計的品質管理

SQC活動

QCサークル活動

現場の第一線で働く従業員が品質、生産性、5S、安全など、自職場の困り事をテーマとして全員参加でテーマ解決活動を進めています。人材育成と、職場活性化につながる重要な活動と位置づけ、取り組み内容の全社発表会など活気ある活動を行っています。

QCサークル活動