• 生産技術
  • ISO9001
  • 生産体制
  • 研究開発体制

ISO9001(国際品質マネジメントシステム規格)

国内

豊川本社・豊川工場で品質管理・品質保証の国際規格

 平成11年、豊川本社・豊川工場(愛知県豊川市)が自動車用ウインドレギュレータの設計・製造の範囲でISO9001の認証を取得しました(審査登録機関はKPMGセンチュリー審査登録機構)。平成10年から「基本の実践、確かな品質」をスローガンに、工場内にISO 推進室を置き、認証取得準備を開始。認証取得にあたって「顧客が満足する品質の製品を造り出す」「全員が決め事を守り品質を保証する」を品質方針に制定しました。

豊川本社・大阪工場で品質管理・品質保証の国際規格

 平成12年、豊川本社と大阪工場(大阪府茨木市)が、自動車用ドアフレームの設計・製造・販売でISO9001の認証を取得(審査登録機関はKPMGセンチュリー審査登録機構)。工場内に平成11年よりISO推進室を設置し、認証取得の準備を進めていました。ISO9001の取得は、平成11年の豊川本社・豊川工場のウィンドレギュレータに次ぎ、国内の生産拠点としては2番目です。大阪工場では品質方針に「顧客の求める優れた製品を、安定供給する」「自らの役割を確実に実践する職場を作り、品質問題を撲滅する」を定め、ISO9001の認証取得に取り組んでいました。

豊川本社・名古屋工場で品質管理・品質保証の国際規格

 平成19年、豊川本社・名古屋工場(愛知県豊田市)が自動車用シートアジャスタ・シートリクライナの設計・製造でISO9001の認証を取得(審査登録機関は日本検査キューエイ)。

ISO9001全社、全製品で認証取得

 平成21年、全社全部門と全工場(藤沢・豊川・名古屋・大阪・九州シロキ)でISO9001の認証を取得しました。当社ではこれまで豊川工場のウインドレギュレータや大阪工場のドアサッシ、名古屋工場のシートアジャスタ・シートリクライナなど個別の工場・製品でISO9001の認証を取得していましたが、このほど全社、全製品(ウインドレギュレータ、シートアジャスタ・シートリクライナ、ドアサッシ、モールデイング、ロック・ヒンジ鉄道車輌用腰掛)において認証を取得しました。

海外

タイ、中国でISO/TS16949の認証取得

 海外では、平成19年にシロキタイランド(タイ・チョンブリ県)が、また平成20年には広州白木汽車零部件(中国・広州市)がISO/TS16949(自動車産業用国際品質マネジメント規格)の認証を取得しました。

ページトップに戻る