GREETING

社長挨拶・経営理念

会社スローガン

「Challenge for Change」
~他社を凌駕する
車体部品メーカーを目指して~

シロキ工業は1946年3月の創業以来、金属加工を軸に自動車車体部品を手がけ、2016年4月にはアイシングループの一員となり、持続的な成長とお客様と社会への貢献を目指して、競争力強化や企業体質の強化を加速してまいりました。
現在の自動車業界は『100年に一度の大変革期』の中で、「CASE革命」などの技術革新や、MaaSといった新しい概念が加わり、生き残りをかけた競争は激化しております。

この大競争時代を生き残っていくためにも、シロキ工業のスローガンである「Challenge for Change」のもと、これまで培ってきた塑性加工技術やロール成型技術等の当社固有の技術や製造技術に磨きをかけ、他社を凌駕する競争力を持った車体部品メーカーを目指して更なる競争力強化・企業体質の強化、DX(デジタルトランスフォーメーション)、カーボンニュートラルの推進にグローバルで全拠点一丸となって取り組んでまいります。

また、事業活動を通じ、持続可能な社会の実現に向けたアイシングループとしてのSDGsの7つの優先課題の解決に注力し、広く社会に貢献し、皆様から必要とされ、感謝される企業であり続けるために邁進してまいります。

シロキ工業株式会社
代表取締役社長

岡部 均

アイシングループ経営理念

アイシングループ経営理念(株式会社アイシンHPへ)

経営方針

  1. 1. 時代を先取した研究と開発に努め、物づくりの知恵と技術でお客様に満足を提供する
  2. 2. たゆみない変革で信頼されるグローバル企業をめざす
  3. 3. 社員一人ひとりを大切にし、社員が誇りを持てる会社づくりを進める
  4. 4. コンプライアンスを重視し、社会の一員としての責任を果たす